2011年12月16日金曜日

C81タイピング本の詳細

前回の記事で紹介した、12/31のコミックマーケット81で発行されるタイピング本の詳細が先日公開されました。

タイピング Professionals

tomoemon さん主催のタイピング合同誌で、私も記事を2つ寄稿させていただいています。
非常に内容の濃い本に仕上がっていて、タイピングに興味がある方であれば絶対に楽しめることと思います。

この本の頒布場所や価格などについてはリンク先を参照していただくとして、今回は私が書いた記事の概要を、ネタバレにならない範囲で紹介します。


1. 英語タイピング

タイプウェル英単語、Typeracer、Typing Zone などに手を出した経験から、英語タイピングについて簡単にまとめました。

・国内外のおすすめ英語タイピングサイト
・英語タイピングの魅力
・英語タイピング攻略

といった内容になっています。

特に需要があるのは「英語タイピング攻略」かなと思いますが、これは

・(日本語ローマ字入力と比較しての)英語タイピングの特徴
・英語力との関連は?
・英語タイピングの急所(同キー連打、短い単語、修正、ひっくり返りミス、接辞……)

といった感じで、英語タイピングの上達に重要だと思う事柄について、色々と解説しています。


2. タイピング練習論

良いタイピング練習のあり方について、自分なりの考え方を長々と書きました。
「タイピングの能力が上達する」とはどういうことなのかという根本の部分から始めて、タイピングの能力を三つに分割し、各ソフトとそれぞれの能力の関係を考え、それに基づいて必要な対策・練習をいくつか提案しました。

まとまった文章を書くということに慣れておらず、色々とおざなりになってしまった部分もあります(特に後半……)が、練習計画を考える上では、それなりに参考になるものにはなったのではないか、と思っています。

これだけでは内容が想像しづらいと思うので、目次の一部を以下に載せておきます。
  1. イントロダクション
      1. 1.4 「速さ」とは何か
    1. タイピングの三要素
      1. 2.1 タイピングを分解する
      2. 2.2 タイピングの三要素
      3. 2.3 認識
      4. 2.4 組立
      5. 2.5 動作
      6. 2.7 処理の順番?
    2. 三要素の相互関係
      1. 3.1 三要素の相互関係
      2. 3.3 並行
      3. 3.4 休止
      4. 3.5 減速
    3. 三要素の考えを各ソフトに適用
      1. 4.2 e-typing 腕試しレベルチェック
      2. 4.3 Weather Typing
      3. 4.4 タイプウェル憲法
    4. 三要素の考えをタイプウェルに適用
      1. 5.2 タイプウェル固有の要素
        1. 5.3 打ち始めの数文字
        2. 5.4 1ラップ目
        3. 5.5 2~7ラップ目と8ラップ目前半
        4. 5.6 打ち終わり
        5. 5.7 意識的/無意識的なペース調整
        6. 5.8 モードごとの違い
        7. どのような練習をするか
          1. 6.1 ボトルネックを見極める
          2. 6.2 認識能力を高める
          3. 6.3 組立能力を高める
            1. 6.4 動作能力を高める
              1. 6.5 無意識的な速度制限を外す
                1. 6.6 意識的なペース調整
              2. どのように練習をするか
                1. 7.2 コンディションを整える
                  1. 7.3 疲労
                    1. 7.4  ビジョン・成長目標・短期的課題
                      1. 7.5 モチベーション
                      2. おわりに
                      何がなんだか分からないかもしれませんが、とにかくこういうことを書きました(適当)。

                      2011年11月7日月曜日

                      タイピング本(冬コミ)の宣伝

                      今年の大晦日に、私も寄稿するタイピング同人誌が発刊されますので、その宣伝をさせていただきます。


                      次回のコミックマーケット(C81) 3日目(12月31日)に、tomoemonさんの主催で、合同タイピング同人誌を発刊することが決まりました。私も記事を2本(1. 英語タイピングについて 2. タイピング練習論)寄稿させていただくことになっています。私が書くような競技タイピング目線のものだけでなく、キーボード入力に関して多方面に渡る記事が並び、この分野に興味がある人にとってはかなり読み応えのある本になると思います。

                      詳細については、後日tomoemonさんが表紙やサンプルなどを載せた公式ページを公開されるそうなので、そちらをご期待ください。公開され次第当ブログでも紹介するつもりですが、tomoemonさんのブログを随時チェックしていただけると確実です。

                      ・ブース情報
                      3日目(12月31日) 東5ホール ペ-09b 「タイピングガチ勢」

                      関東在住の方、冬コミに来られる方、またそうでなくてもタイピングへの並々ならぬ情熱をお持ちの方(タイピング本のために大晦日に遠出というのは中々できないとは思いますが……)は、是非ブースへお越しください。

                      2011年10月26日水曜日

                      運指の類型化

                      運指スタイルの分類


                      タイピングには様々なスタイルがあります。
                      特に運指(どのキーにどの指を使うか、最適化はしているか等)については、タイピングの根幹に関わる部分だけに、皆がどのようなスタイルをとっているのか、興味のある人は多いと思います。

                      タイパー達の運指スタイルを知るには、個人サイトや個人ブログ、運指表の部屋(現在アクセス不能になっている模様)などを参照すればいいのですが、運指表を公開するのは結構な手間です。
                      また細かい運指ではなくて大雑把な運指スタイルを知りたい(伝えたい)場合でも、運指スタイルの分類が曖昧(標準運指とか最適化とか言いますが、どの用語がどこまでの意味を持つのかがあまりハッキリしていない)なため、色々と余計な手間がかかります。

                      そこで、運指スタイルを8つのタイプに分類し、表にまとめてみました。
                      誰かに自分の運指スタイルを伝えたい時や、運指の改善について考える時など、参考になるかと思います。
                      また、この画像の改変・再配布等は自由です。




                      各分類についての説明

                      ・通常の担当指の配置
                      あとで書く

                      ・パターン別の担当指変化
                      あとで書く

                      ・スペル打ち分け
                      あとで書く


                      twitterでのアンケート結果


                      twitterで上の画像を公開して、タイパーさん達がどのようなタイプに分類されるかをアンケートしてみました。
                      タイプ別に全員の名前を公開するつもりでしたが、思ったより回答してくれた方が多かったので、人数だけ紹介することにします。

                      タイプ A : oo
                      タイプ B : ooo (私を含む)
                      タイプ C : oooooooo(親指使用のG寄り一人)
                      タイプ D : oooooooooo
                      タイプ E :
                      タイプ F :
                      タイプ G : o
                      タイプ H : ooooooo

                      こんな結果になりました。

                      (注) どこまでを標準orちょい変則ベースに分類するか、どこからを変則ベースに分類するか、の判断は各タイパーさんに任せています。例えばA~Dに分類されている人がE~Hに分類されている人よりも変則的な運指ベースを採用している可能性があるなど、注意が必要です。

                      サンプルは少ないですが、変則ベースの運指を採用している人のうち全員が文字列パターン別の担当指変化を採用している、というのは面白い結果だと思います。

                      2011年10月8日土曜日

                      TW国語R 記録詳細


                      TW国語R 慣用句・ことわざモードで0.94秒更新し、記録は22.866秒(ZG)に伸びました。
                      これでTW国語R全モードの記録が22秒台となり、ひとまずは満足の行く記録になりました。















                      良い区切りだと思うので、

                      ・各モードの最高記録詳細
                      ・各モードのTop15表示画面(+Top Lap 10)
                      ・総合成績(+ミス1%以内総合+ノーミス総合)
                      ・カナ別成績
                      ・Top99の記録詳細(.txt)
                      ・リプレイファイル

                      を.zipファイルにまとめ、公開しておくことにします。

                      リプレイを見ながらイメージトレーニングをしたり、どういう方針で記録の向上を狙うか考えたり、何かしら参考にできるところはあるのではないかと思っています。

                      twjrteru.zip

                      また、公開したファイルに何か問題があればご報告ください。


                      ============
                      タイプウェルリプレイファイルの見かた

                      1.Dtld****.log ファイルを、TWellJR.exeと同じフォルダにコピーする
                      (注) 自分のリプレイが消えてしまうので、TWellJR.exeだけ新規フォルダにコピーして、そこに新しいリプレイファイルを保存するようにしましょう
                      2.各モードの最高記録詳細画面を開く
                      3.右下の[Replay]を押す

                      確認していないので何か間違っていたらすみません

                      2011年8月17日水曜日

                      タイピング配信

                      現在UstreamにてTW国語R常用 Esc縛り100回打ち切り配信を行っています。

                      興味がある方はどうぞ~

                      2011年7月16日土曜日

                      打鍵速度と実質入力速度の対応表

                      (11.07.17 03:27) ファイルを最新のものに変更。
                      色々変わっていますが、今かなり眠いので説明はまた後で書きます。

                      例えば毎パソ英文のように誤入力をBackspaceで修正する必要がある競技では、TWなどで表示されるような打鍵速度と同じ速度で打っても、ミス修正に伴うロスで実際の入力速度は低下します。
                      そのような場合において、打鍵速度と実質入力速度がどのように対応するかを表にするExcelファイルを作りました。
                      大したもんではないですがもしよかったら使ってください。
                      .xlsxファイルと.xlsファイルの2つが入っていますが、.xlsの方は動作確認してません。


                      ローマ字による日本語入力など、複数打鍵で1文字になるような場合は本来色々複雑になるはずですが、考慮していません。
                      どのくらいの打鍵速度でどのくらいの正確性でどのくらいのミス修正力なら、実質速度は大体どんくらいになるのかな~、くらいの軽い気持ちで使ってください。

                      そもそも打鍵速度とその他の要素(Backspacd速度、速度低下などなど…)が実質入力速度にどう影響を及ぼすか分かっていないので、計算式も大雑把なものになっています。
                      こういう要素を取り入れればいいんじゃないかとか、こういう計算にしたらいいんじゃないかとか、そういった議論・解説・意見は大歓迎です。
                      ただしテルさんは数字に弱いのであんまり難しい話になるとついていけません。

                      また、何か根本的な間違いがあれば(ありそうです)ご指摘ください。

                      2011年7月6日水曜日

                      TW国語R 練習実績

                      前記事のコメントを受けて、[F12]で表示される[Reference]の画面と、国語Rの練習実績をアップロードします。














                      一応の注記です。
                      タイプウェル国語Rの[Reference]は、タイプウェルの記録をe-typingに換算(初打を0.400秒、それ以外の打鍵を全て記録通りの速度として計算)したものです。
                      と言ってもタイプウェルとe-typingはやはり別物なので、個人的には、この換算数値からe-typingの実力が分かるとは思いませんし、これはあまり意味のある情報ではないように思います。

                      15:00~ タイピング配信

                      今日の15:00から、ustreamにてタイピング配信をしようと思います。

                      タイプウェル国語Rを更新狙いで練習するつもりですが、何かしてほしいことがあれば別のことでもやります。
                      いきなりなのでそもそもこの記事に気付く人がいるか分かりませんが、どうぞ気軽に見に来てください。



                      Streaming Video by Ustream

                      2011年6月21日火曜日

                      6/18 秋葉原タイピングオフレポート

                      6月18日(土)に、秋葉原でタイピングオフをしてきました。
                      翌日に東京でちょっとした用事があり、折角の機会だからとtwitterで声をかけてみたのがきっかけでした。
                      予想外に皆さん乗ってくれて、参加者9人の結構ちゃんとしたタイピングオフとなりました。
                      愛知在住なのに東京でそれなりの規模のオフ会に参加できたのはすごく幸運でした。

                      参加者

                      テル、eighさん、ニルゥさん、tomoemonさん、gummiさん、みこやんさん、俺さん、のんさん、W/Hさん。

                      日程

                      12:00
                      秋葉原電気街口に集合。
                      皆さん初対面なのでスムーズに合流できるか不安でしたが、ほぼ全員がキーボードを持っていたので分かりやすかったです。
                      この時点で「俺以外の全員が自分のキーボードを持参しているのか……」と、あまりの異様さに興奮を禁じ得ませんでした。

                      クラブセガやPCショップがある付近のデニーズで食事。
                      「テルさんは食事の速度もZJくらいはありますよね」的なネタを振られたのですが、そもそも食べ切ることすらできず、恥ずかしい思いをしました。
                      普通のオムライスだったのに何故……。

                      13:00
                      のんさんと合流し、PCショップへ移動してキーボード試打会。
                      途中でみこやんさんとも合流。
                      ツクモ パソコン館は合計で20台近いキーボードがPCに繋がれていて、実際に画面に文字を入力しての試打ができます。
                      愛知にはこんな場所はまず無い(と思う)ので非常にありがたいです。
                      もし買うならリベルタッチかなあ、と感じましたが、今のキーボードにそれなりに満足しているので新しいものを買うことは無さそうです。

                      14:30
                      次に向かったクレバリーではゴムキーボードを発見。
                      ムニムニふにゃふにゃしていて可愛い。
                      まあこれでもZIくらいは出せそうですね、などとうそぶいていたら引っ込みがつかない感じになってしまい、後から大変でした。

                      15:00
                      クラブセガ新館へ移動し、TOD対戦会。
                      今回のオフ会は常に楽しかったですが、やっぱりTOD対戦をしている時が一番楽しかったです。

                      まずTODを1周回しましたが、自然な流れでほぼ未経験&完全未経験のgummiさん&のんさんに3章(タワー)をやらせるタイパー陣の鬼畜さに笑いました。
                      gummiさん&のんさんは確かその後6章(MISSION1+タワー)も打たされていて、何の洗礼儀式だよって感じで更に笑いました。
                      のんさんはこの後のチーム戦でも4章の土星語の洗礼を受けさせられていたので、今回本当に大変だったと思います……。

                      その後、4人ずつに分かれてチーム戦をしました。
                      私は6章を担当し、俺さんとの対戦となりました。
                      中盤の短文ワードと正確性ボーナスでなんとか勝てましたが、速度的にはかなり白熱した戦いでした。
                      俺さんのギアが上がってきたエンペラー戦ではほぼ拮抗し、4連を抜けた後のボスモードでは押し負けていました。
                      MISSION1も2体目で詰まりまくって失敗したりと、ここぞという時に最高のパフォーマンスを発揮する、という胆力が欠けているのを感じました。
                      タイプウェルのやり込みで「粘って粘って良い記録を出す」というスタンスに慣れすぎていて、とにかく今どれだけ速く打てるかを追求する気迫が足りなくなっているのかもしれません。

                      2章 5421pt W/Hさん  vs gummiさん 2984pt
                      4章 1989pt のんさん  vs mikoyanさん 3574pt 
                      5章 3426pt eighさん  vs tomoemonさん 5052pt 
                      6章 5753pt テル    vs 俺さん 4445pt
                       
                      合計   16589pt vs 16055pt
                      (結果詳細が分からなかったので勝手にのんさんのオフレポから拝借させていただきました……もし駄目だったら言ってください)


                      皆さん速いのでどの対戦も見ていて楽しかったですが、特にtomoemonさんの強さに驚かされました。
                      tomoemonさんはAZIKで総合ZI中盤とかなりの結果を出していて、Qwertyは事前にリハビリしているとはいえ中々厳しいのではないかと思っていたのですが、かなりの速度と安定性、そして短文入力の速さで相当目立っていました。
                      最初の方で確か俺さんとtomoemonさんが2章の対戦をしていましたが、この2人の対戦はギアが上がった段階で(できれば4~6章辺りで)もう一度見たかったような気がしています。
                      TODとルパンタイピングの2台しか無いから、なかなか対戦を回せなかったんですよね。
                      どこか場所を借りて自前のPCで対戦会ができれば理想だと思いますが、人数が集まらないと辛いかな……?

                      18:00
                      パセラ電気街店に移動して、個室のテーブルにノートPCとキーボードを広げてタイピング会。

                      19:00
                      ニルゥさん合流。
                      土曜出勤お疲れ様でした。
                      みこやんさん持参のKinesis、gummiさん持参のポケモンタイピングなど、気になっていたアイテムを色々触ることができて楽しかったです。
                      Kinesisはエセエルゴノミクスなんかとは配置が全く違って、付け焼刃では全く歯が立ちませんでした。
                      ポケモンタイピングは想像に反して超良ゲーでした。速くて正確ゥ!


                      その後はタイピング談義的な感じで、色々と話し合いました。
                      私アルコール入ると語りまくっちゃうタイプの人間なんですが、まあその、はい、なんか俺ばっか喋ってしまって申し訳ありませんでした。
                      ともかく皆さんタイピングが好きで、タイピング上達したいなーとか、タイピング文化をもっと良くしていきたいなーとか、そういうこと考えてんだなーとか思いながら、ほろ酔い気分ですげー気持良く語ってました。

                      で、最適化をしない理由とかなんか色々偉そうに語った気がするんですが、私の考えって基本的に、今まで築いてきたタイピング能力を低下させるリスクはほぼ絶対許容せずに、プラスの効果をもたらすと確信できたことだけ取り入れていくスタイル(一言でいえば保守的)なんですよね。
                      そういうスタイルでがむしゃらに練習していく中で実感できたことだけしか理論体系に取り入れられていないので、基本的にめちゃくちゃ視野が狭いんですよね。
                      その分そこを深く掘り下げてはいるのかなとは思いますが、ともかく私の言うことはその辺り差し引いて受け取っていただけるとありがたいかなと……。
                      わざわざこんなこと言わずともちゃんと批判的に吸収してくれてるんだとは思いますが、なんか自信満々に語ってしまった気がするので、ちょっと補足したくなりました。

                      まとめ


                      他の参加者の皆さんがひじょーーーにためになるというかオフ会での議論や交流をしっかり切り取ったレポートを書かれてるので、このレポートはちょっとためにならなさすぎて申し訳ないのですが、仕方ないのでためにならないまとめをしようと思います。

                      オフ会を総括して私が感じたことは、「うおーーータイピングたのしーーーーーーーー!!!!!!!!」ということでした。
                      記録や実力の向上をひたすら求め続ける普段のタイピングもめちゃくちゃ楽しいですが、こうやって実際に他の人と交流しながらタイピングに関わることをするというのは、やっぱり普段のそれとは種類の違う楽しさがありました。
                      どっちが楽しいというものでもないですが、こうやって色んな楽しみ方をすることで自分にとってのタイピングの世界を広げていくというのは、凄く意味のあることだなと感じました。
                      今回のオフ会は、twitterでフォロー関係にある人が多かったとはいえ、お互い普段大した交流をしているわけでもない状態での開催でした。
                      それでもタイピングという共通項があれば何ら問題無く楽しめることが分かりました。
                      実際に他の人の運指を見るとか、隣に座って対戦するとか、そういう中でなんとなく得られてくるものもあると思うので、皆さんもどんどん気軽にオフ会やっちゃえばいいんじゃないかなと思います。
                      もしくは私がまたオフ会を企画することがあるかもしれませんが、その際はあまり交流が無い方(もしくは全く無い方)でも、是非気軽に参加してほしいです。

                      最後に、今回のオフ会に参加してくださった皆さん、本当にありがとうございました。
                      (特に私の誘い受け的なツイートに最初に反応してくださったeighさんには深く深く感謝しています。ありがとうございました。)

                      2011年5月29日日曜日

                      新 タイパー100質

                      cocoaさんが公開された「新・タイパー達へ100の質問」に回答させていただきます。

                      1.HN、年齢は?
                      テル, uta, ぶったー (タイピング関係はテルで統一していくつもりでいます)

                      2011年5月現在で22歳です。

                      2.ブログ、Twitter、mixiなどをやっていますか?

                      ブログはここ、Twitterは @vuttar 。
                      mixiはアカウントをいくつか持っているだけで、ほとんど利用していません。

                      3.何かタイピング系の団体に加盟していますか?(何勢?)
                      属していません。

                      4.タイピングを始めたのはいつ?そのきっかけは?
                      小学4年生(5年生かもしれない)の頃です。

                      通っていた珠算塾でキータッチ2000(商工会議所主催の資格)の取得を目的にしたタイピング練習を始めたのがきっかけです。

                      5.どうやって配列を覚えましたか?
                      上記のキータッチ2000の練習ソフトや、自分のワープロに付属していた練習ソフトで覚えました。

                      ワープロ付属の練習ソフトはヘボン式固定、ハイフンの位置が「¥」など、色々と癖のあるものでしたが、当時は何の疑問も持たずに使っていました。

                      6.タッチタイプ習得後はどうやって速度を付けましたか?
                      ワープロ付属の練習ソフトとOzawa-Kenを、タイプウェルで言うXレベルに差し掛かる程度(恐らく小5か小6くらいの頃)まで続けていたと思います。


                      7.何故タイピングにはまった?
                      元々珠算塾で珠算・暗算・電卓検定を受けていたり、コツコツと自分の実力を伸ばして記録や段級を向上させることが好きだったからでしょうか

                      (ブランクはあるものの)飽きずに続けられたのは、やはりタイプウェルの面白さが大きかったと思います。

                      8.タイピング系で持っている資格は?
                      上述のキータッチ2000のみ

                      9.視力は?メガネやコンタクトを着用していますか?
                      両眼ともに0.1以下で、メガネ着用です。

                      ただ体質的に視力が悪くなりやすいようで、小学2年の頃からメガネを着用していたので、タイピングの影響ではありません。

                      10.利き腕は?
                      右です。


                      11.左右で打鍵感に違いはありますか?
                      右のが正確かつ早く動くように感じます。

                      左手の動作も大事なので、普段の細々とした作業を時々左手で行うなど、利き手に近付ける努力はしています。

                      12.あなたのタイピングのモットーは?
                      現時点で達成できているとは言いがたいですが、競技者を自称しても恥じない水準の練習をすることです。

                      13.自分を一言で表すなら何系タイパーですか?
                      オールラウンダーを自負しています。

                      形式に従うとすれば器用貧乏系タイパーと呼ぶべきかもしれません。

                      14.タイピングするときに気をつけていることは?

                      普段の打鍵の積み重ねが少しずつ指に染み込んで自分のタイピング能力が形成されていくと思っているので、悪い打鍵を染み込ませないこと、もしくは良い打鍵を染み込ませることです。
                      調子が悪く、このままだと悪い打鍵が染み込みそうだな、と思った時はタイピングしないか、調子に関係無く出来る練習をします。
                      例えば速度を極端に落として、正確なキー位置を指に染み込ませるつもりで打つ練習など。

                      15.タイピングで得意な分野は?また、苦手な分野は?
                      得意な分野は憲法通し3,4章などの安定性が必要とされる長文、タイプウェル全般だと思っています。

                      苦手な分野はe-typingなどの短文加速が必要な種目だと思っています。

                      16.楽器や音ゲーの経験はありますか?
                      少しかじってやめた程度の経験しかありません。

                      楽器はピアノ・ギター、音ゲーはDDR・jubeatを少しかじりましたが、「音楽の授業でリコーダーを練習した」程度のレベルです。

                      17.知っている配列は?
                      具体的にどんな並びか大体でも知っているものは、Qwerty、JISカナ、Dvorakのみ。

                      名前を聞いたことがある程度で言えば、NICOLA、Colemak、月、稲とかでしょうか……。
                      あまり配列には詳しくありません。

                      18.使える配列は?またその配列のメリットは何だと思いますか?
                      Dvorakをやっていた頃もありますが、今はQwertyとJISカナのみ。

                      どちらも普及度の高さがメリットだと思います。
                      特にQwertyは全世界で普及している配列なので、ほぼどんな競技にも問題無く参加できます。

                      19.使おうとして挫折した配列は?またその理由は?
                      Dvorakをかじったこともありますが、挫折しました。

                      元々あまりやる気が無かったのか、Qwertyレベルまで持っていくことに不安を感じたのか、かなり前のことなので詳しく覚えていません。

                      20.興味のある配列は?またその理由は?
                      特にありません。

                      最も一般的なQwertyで競うのが個人的には最も楽しいからです。

                      21.タイプウェルの記録は?また初回プレイ時の記録は?
                      総合ZG, ZE, ZF, ZC。

                      プレイ初日は 常用SS カタカナSB 漢字SB 慣こSA だったようです。

                      22.e-typingの記録は?また初回プレイ時の記録は?
                      746pt(元気が出る言葉)です。

                      23.毎パソの記録/順位は?また初回参加時の記録は?
                      第10回 2月Web大会に英文Bで初参加し、3481点(3318文字,3ミス)で3位でした。


                      24.その他(WT,寿司打,打トレなど)の記録は?また初回プレイ時の記録は?
                      どれも記録が残っていないのでよく分かりません。

                      WTはQweで8Lv、JISで10Lv、寿司打は高級で20,000円得は達成していたと思います。

                      25.タイピングで手に入れた賞金/景品は?
                      中学生の頃に静岡県で開催された小さなタイピング大会で優勝し、えいご漬けPC版やQuoカード、その他いくつかのPC関連ソフトなどを貰ったことがあります。


                      26.タイプウェル関連で使っているソフトは?(タイプウェルセンターなど)
                      タイプウェルセンター、憲法ペースメーカー、タイプウェル練習実績Plus(ノーミス英単語用)です。

                      27.歌謡タイピングで好きな曲は?
                      特にありません。

                      28.ソロ派ですか?

                      歌謡タイピングのことだと思いますが、あまりプレイしないので特に定まっていません。

                      29.タイプウェルで好きなモード(R常用/すべキーなど)は?
                      スムーズに打てるR常用・漢字が好きです。

                      30.e-typingで好きなワード(慣用句/元気ワード/春のことばなど)は?
                      特にありません。

                      31.タイプウェル国語Rの漢字はローマ字を読む?
                      完全にローマ字を読んでいます。

                      流れる文字は表示していません。

                      32.タイプウェルで目標設定はする?
                      以前はほとんどしていなかったのですが、最近はするようになりました。

                      自己ベストよりも低く設定して、大まかなペース把握に役立てています。

                      33.タイプウェルでミス制限は付ける?付ける場合何ミスに設定する?
                      その時々の目的に応じて4ミス、ノーミス、1ミス制限など。

                      34.タイプウェルの各モードの打ちきり回数は?
                      ファイルが分散しているのであまり参考にはならないと思いますが、以下の通りです。

                      国語R 常用900+77 カタカナ145+63 漢字176+75 慣用261+62
                      国語K 常用1874 カタカナ416 漢字649 慣用850
                      英単語 基本572 AF229 GP166 QZ218

                      オリジ のみ1191 混在705 すべ1108 数字2332

                      35.タイプウェルのEsc頻度は?
                      かなり高いです。

                      正確には分からないですが、90%以上はあるのではないでしょうか……。

                      36.タイプウェルの文字サイズの設定は?
                      国語R、国語K、オリジナルでは「大」で、英単語のみ「中」です。

                      37.タイプウェルオリジナルで時間帯にこだわりはありますか?何時に設定してる?
                      大体20~24時頃にプレイしています。

                      夜以外はほとんどプレイしないので時間設定はしていません。

                      38.タイプウェル憲法を始めたのは国語R、国語K、英単語の成績がどのくらいの時でしたか?
                      それらの成績は分かりませんが、憲法自体はある程度打ち込んでXFぐらいになった記憶があるので、XE~XBくらいだったのではないでしょうか。

                      39.タイプウェル憲法のミス率はどのくらいですか?

                      ローマ字では1-3%、英語では1.5-5%、かなでは3.5-9%です。
                      基本的にかな入力ではかなりミスが多くなります。

                      40.タイプウェル16種目のうちどれかで1位を狙えるとしたらどれ?
                      Oの4種目とKの慣こ以外では現1位ですが、すべキー・数字以外は努力次第で1位を狙えると思っています。

                      41.毎パソに参加するときどのくらい練習する?文章は暗記する?
                      前回は暗記しなかったので、第11回Web大会では暗記して臨もうと思っています。

                      42.毎パソの練習で何か工夫していることは?
                      特にありません。

                      英文ですが全て理解できるようにしておくこと、詰まりそうな箇所を少なくとも大まかには把握しておくなど、基本は押さえているつもりでいます。

                      43.毎パソの初見記録、自己べ、本番の記録はどのくらい差がある?
                      一度しか参加していませんが、英文Bでは 自己ベ(3400強)>本番(3300強)>
                      初見(3000程度)といった感じだったと思います。

                      44.メンブレン/パンタグラフ/メカニカル/静電容量無接点、どれが好きですか?

                      真面目にタイピングをする際はRealforceしか使わないので、静電容量無接点以外は考えられません。

                      45.愛用のキーボードは?またその使用期間は?
                      Realforce 91UBK(変荷重)で、4年ほど使用していると思います。


                      46.キーボードを選ぶ時に重視する点は?
                      特にありませんが、次何か買うとすればSean Wronaさんが使用している(と思われる)Das Keyboard IIが欲しいです。

                      47.持っているキーボードに何か愛称をつけていますか?
                      つけていません。

                      48.他に持っているキーボードは?またその試用期間は?

                      PC付属のキーボード以外では、Microsoft社のエルゴノミクスキーボードを使っていました。
                      右手の使用範囲が広いJISのカナ入力では若干の優位性があったような気もしますが、かなり昔のことなのであまり詳しくは覚えていません。

                      49.持っていないけど使った事はあるキーボードは?またどこで使いましたか?
                      秋葉原のPCショップでマジェスタッチやリベルタッチなど色々触りました。

                      その中ではリベルタッチがなかなか面白かったです。

                      50.標準運指ですか?それはどうして?
                      ほぼ完全に標準運指だと思います。

                      運指を変えてまた覚えなおすのはリスクが非常に高く、また現時点で特に今の運指に限界を感じていないからです。

                      51.指は何本使用しますか?それは何指?
                      左親指以外の全ての指(9本)を使用します。

                      52.打鍵中に手首は浮かせていますか?
                      手首は浮かせて、前腕の中ほどを机につけるようにしています。


                      53.最適化はしていますか?している場合どのように?
                      [ka,ku,ko]と[ca,cu,co]、[zi]と[ji]の打ち分けのみ行っています。

                      打鍵パターンによりキー毎の担当指を変える類の最適化は行っていません。

                      54.最適化する際に苦労したことは?
                      最適化はスペル打ち分けのみですが、脳内での打鍵の組み立てに若干手間取ることがあります。

                      55.打ちやすいと思うキーは?また、打ちにくいと思うキーは?

                      打鍵パターンによって打ちやすさは変わるので、単独で打ちやすいキーというのはあまり答えたくないですが、強いていえばFです。

                      56.打ちやすいと思うワードは?また、打ちにくいと思うワードは?
                      Rだと「そうそうたる」、Kだと「もさもさ」「のしのし」などの左右左右・右左右左と交互で入力する、二文字繰り返し系4文字ワード。

                      Oなら「garyzo」です。

                      57.BackSpace/Enter/Space/Escはどの指で押しますか?
                      BackSpaceは右小指、Enterは右小指、Spaceは右親指、Escは左小指です。

                      58.無変換キーを使いますか?
                      カタカナに変換する時に使います。

                      今まで意識したことはなかったのですが、どうやら左人差し指で押しているようです。

                      59.SHI/TSU/CHIなどのヘボン式を使いますか?
                      使いませんが、「ふ」は[fu]で入力しています。

                      60.XNを使いますか?
                      使用します。

                      [nn]で入力することはほぼありません。

                      61.水増し打ち(「し」をSHIで打ったり)はしますか?
                      しません。

                      62.「うんぬん」はどうやって打ちますか?
                      uxnnun 右人、左薬、右人、右人、右人、右人 です。

                      63.速度重視?正確性重視?
                      特にどちらを重視するということは決めていません。

                      その時々の必要性に応じてバランスを考えます。

                      64.正確性は何%くらい?
                      TW国語Rなどで記録狙いで打っている時は恐らく2-3%程度。

                      TW憲法Rの条項別などをミス無視で打っている時は恐らく2-5%程度。
                      その他のタイピングゲームなどではかなり状況に左右されますが1-3%程度。
                      TW憲法Rの3,4章通しなど長く安定して打ち続けたい時は2-3%程度。
                      Typeracerや毎パソなどミス修正が必要な種目、もしくはミスが致命的なソフト(寿司打高級一発)などでは1-2%に抑えているつもりです。

                      65.タイプウェルで何ミスくらいからが乱打だと思いますか?
                      なんとも言えませんが、30ミス以上であれば乱打かなあとは思います。


                      66.好き/得意なタイピングゲームは?
                      タイプウェルです。

                      最近ではTyperacerも。

                      67.どのくらいの頻度でそれをプレイしますか?
                      一月に60~100時間くらいだと思います。

                      68.どのくらいそれをプレイしましたか?
                      5000時間ぐらいだと思います。

                      69.嫌い/苦手なタイピングゲームは?
                      短文系タイピングゲームは苦手です。


                      70.こんなタイピングゲームがあったらいいなと思うのはどのようなものですか?
                      ゲームという範疇であれば、ガチでやり込めるネット対戦ゲームが欲しいです。

                      「ガチでやり込める」というのが具体的にどういう要素をさしているのかは私にも分かりません。
                      「競技」であれば、e-typingのように定期集計(この点ではTyping ZoneのMastersが理想に近い)、毎パソのような権威付けがあり、タイプウェルのように詳細な分析や統計を利用でき、出題文章への習熟やその時々の運への依存の少ないものがあれば良いと思います。

                      71.タイピングしているときの服装、姿勢は?
                      デスクチェアーに深くも浅くもない程度で腰かけ、背筋は丸めるでもピンとするでもない程度に伸ばしています。

                      要するに普通に座っています。
                      服装は夏は(汗をかくので)涼しく、冬はかじかまないよう暖かくという程度で、特にこだわりはありません。。

                      72.タイピングしているときBGMはかけますか?またそれはどんな音楽ですか?
                      かける時もあればかけない時もあります。

                      特にどんな音楽でも調子は変わらないと考えていますので、好きな音楽ならどんなものでもかけます。

                      73.練習はいつごろしてる?
                      20時~24時が多かったのですが、最近アパートから実家に戻ったので、家族に迷惑がかからないよう昼~夕方の練習が増えました。

                      74.1日の練習時間はどのくらい?
                      平均すれば2,3時間で、6時間はできるだけ越えないよう気を付けています。

                      75.最高でどのくらいの時間連続で打ち続けたことがある?
                      7時間ぐらいだと思います。


                      76.一番多く打った日はいつ?何打?
                      なかなか飽きないので、オーバーワークぎりぎり(6~7時間)まで練習することはよくあり、いつ、何打というのは分かりません。

                      77.1日に大体何打くらい?
                      測っていないので分かりません。

                      78.憲法トライアスロンをしてみたいと思いますか?

                      今年の正月に打ち初め配信で憲法トライアスロンを行いました。
                      憲法トライアスロンはとてもとてもとても面白い競技だと思います。

                      皆さんも是非やるべきです。

                      79.最上段派?テンキー派?
                      以前はテンキーを使用していました(ZJくらいは達成したはず)が、今は最上段派です。

                      80.タイピングのオフ会に参加したことは?
                      2回ほど、中学生の頃に参加させていただきました。

                      ブランクから復帰してからはタイピングのオフ会に参加したことはありません。

                      81.会った事のあるタイパーはどのくらいいますか?
                      10人弱だと思います。

                      82.尊敬しているタイパーは?その理由は?
                      たにごんさんとTyoshikiさんです。

                      どちらもライバルがいない状況で圧倒的な水準まで自分の記録を伸ばしたからです。
                      誰かがある記録を出すと反骨心や「そこまでは出せる」という自信から全体的な水準が伸びるものですが、右に出る者がいない状況で記録を伸ばし続けた二人は凄いと思います。
                      また、崇拝しているタイパーはSean Wronaさんです。

                      83.ライバル視しているタイパーは?その理由は?
                      強く意識しているのはきるさん(全種目)、Julian Warhurstさん(Typeracer)、boraboruさん(総合成績)、たにごんさん(英文実用や存在感(?))、だにーさん(Rと英文)、2ゲッターさん(オリジナル)などなどです。


                      84.寒くて指が動かないときにはどうしますか?
                      部屋ごと温めることができない状況であれば、血流を温めることを意識します。

                      具体的には、(できれば温かい)食事をしっかりとったり、脇や足などを重点的に温めるなど。

                      85.チャットをしたり検索をするときの速度は最高速の何割くらい?
                      6割くらいだと思います。

                      86.リアルで自分のタイピングを自慢しますか?その際どのように自分の速さを伝えますか?

                      「スゲー!」というレベルじゃなくて大体引かれてしまうので、「自慢」と言えるのかよく分かりませんが、インパクトを与えることでタイピングに興味を持ってもらうことができるので、布教のために積極的にタイピング趣味をアピールするようにはしています。
                      自分の速さを伝える時は「大体秒間○○打(TW国語R常用に基づいて言うと秒間18打なので、かなりインパクトはあります)できるよ」とか、「タイプウェル国語Rってゲームのランキングで9000人中1位だよ」と言うようにしています。
                      ただ、一番知ってもらいたいのはタイピングの楽しさなので、「7時間ぶっ通しでタイピングしたりするよ」とか「12年間続けてる」とか「俺は完璧じゃないけどタイピング楽しいぜ」などとタイピング廃人ぶりをアピールすることが多いです。

                      87.握力は?
                      左手40くらい、右手40中盤くらいだったと思います。

                      88.爪の長さは?
                      深爪しない程度に、毎週切るようにしています。

                      89.伸ばした状態で親指の先から小指の先まで何センチですか?(Shift~Xとか)
                      なんとか両側のShiftを同時に押せる(Z,X,\などを巻き込んで)程度です。

                      90.タイピングをしていて良かったと思うことは?
                      単純に打っていて楽しいということと、他のタイパーと交流できること。

                      最近はTyperacerやTyping Zoneで海外のタイパーとも遊べる(?)ようになったので、世界が広がったようで楽しいです。

                      91.タイピングをしていて悪かったと思うことは?
                      特にありません。

                      ふざけて「タイピングなんてせずに○○していればよかった」などと言うことはありますが、大体どれもタイピングしながらでもできたことだと思うので。

                      92.タイピングをしていて楽しいなと思うことは?
                      単純にキーを打っているだけでも楽しいですが、自分の思うようにキーを押せている時が一番楽しいです。

                      その究極が記録を更新できた時でしょうか。

                      93.タイピングをしていて辛いと思うことは?
                      ありすぎて書ききれません。

                      とにかく辛いことは沢山あります。

                      94.タイピングをしていてエクスタシーを感じたことは?
                      近い状態に達したことは何度かありますが、残念ながら絶頂に至ったことはありません。


                      95.タイピングに関して印象深い思い出を教えてください。
                      2004年か2005年頃、たにごんさんがTW国語R、国語K、英単語の3種目で無敵の総合1位を誇っていましたが、国語Kで私がたにごんさんを抜き、その後また一度抜き返され、また私が抜き返して首位に立ちました。

                      この時初めて頂点を争うことの魅力を知りました。
                      この記憶がすごく強く残っているので、かなり最近まで自分のことを国語Kタイパーだと認識していた節があります。

                      96.やむを得ない事情で指を一本詰めるハメに。どの指にしますか?
                      タイピングのことだけ考えるのであれば左親指ですが、日常生活に多大な負担がかかると思うので右小指でしょうか。

                      右小指ならば使用しない運指に変えることもできると思うので。

                      97.絶対に失いたくないと思う指は?
                      右親指です。

                      タイピングにも日常生活にも絶大な影響が及ぶと思います。

                      98.記録更新したときの喜び方は?まずどこに報告する?
                      特に動作に出して喜びを表すということはしないですが、すごく嬉しいです。

                      最近ではまずtwitterで記録更新の報告をすることが多いです。

                      99.タイピングはスポーツだと思いますか?
                      タイピング自体は基本的にはスポーツで、それがゲームの形をとったものがタイピングゲームだ、と理解しています。

                      競技性(スポーツ性)の高いタイピングソフトもあればゲーム性の高いタイピングゲームもあり、タイプウェルはほぼ「競技」の形をとったソフトだと思っています。
                      ともかく、今以上に厳密で競技ライクなルールが制定され、それが一般的に認知されれば、タイピングは何の問題も無く「スポーツ」たり得るはずです。

                      100.お疲れ様でした。最後にこの質問へ全速力で一言どうぞ。

                      zaapainfozgaryzo}!!!!

                      2011年5月26日木曜日

                      TW国語R 基本常用語 プレイ動画

                      タイプウェル国語R 基本常用語のタイピング動画をアップロードしました。

                      手元の解像度を高くする(+私が楽をする)ために、手元と画面の二つに分かれています。
                      画面を開く→手元を開く(画面を1秒ほど先に開く)ことで大体タイミングが合うと思いますので、お手数ですが二つ同時に開いて見てくださるようお願いします。



                      記録は23.191秒(ZG), ミス2, 自己25位です。

                      2011年5月22日日曜日

                      2011.05.21(Sat)

                      [Typeracer]

                      英単語ノーミス縛りと並行してTyperacerをちょくちょくプレイしています。
                      かなり英文タイピングの感覚が掴めてきて、最近では平均150WPM弱ぐらいになってきました。
                      このまま続けて、今年の目標であるavg.speed(all time) 145WPMを早く達成してしまおうと思います。

                      Avg. speed (all time) : 142.146WPM 54位 (↑34)
                      Races completed : 956
                      Races won : 814 (85.15%) (↑1.32)

                      2011年5月20日金曜日

                      TW英単語ノーミス縛り

                      常用ZFが出てからタイプウェルには若干の区切りを付け、毎パソやTyperacerを見据えた英文入力の練習に入っています。
                      もちろんタイプウェルも続けますが、とりあえず毎パソが終わる(6月30日)までは英文入力にウェイトを置いていこうと思っています。

                      ということで英文入力の練習をしていたのですが、英文入力ではミスタイプ時にバックスペースを要するため正確性の要求水準が高く、今の正確性のまま練習し続けても効率が悪いと考えるようになりました。
                      そこで普段から意識している「この速度ならある程度正確に打てる」(例えばTWならミス1%で安定して打ち切れる)速度の向上ではなく、もう一歩踏み込んだ「この速度ならほぼ正確に打てる」(例えばTWならノーミスで安定して打ち切れる)速度を上げようと考えました。
                      そのために数日前からTW英単語ノーミス縛り練習を行っているのですが、これがなかなか好感触なので、紹介してみようと思います。

                      やり方は別に特筆すべきものではないのですが、効率を上げるために

                      ノーミス縛り用のファイル・フォルダを別に用意する
                      タイプウェル練習実績Plusも専用のファイルを用い、打ち切り率を把握する(打ち切り率が高くなれば安定してきたと分かる)

                      また私の目的はノーミス安定速度を上げること(ノーミス最速記録などは目指さない)なので、

                      ・目標インジケータを目標の速度に設定する(私の場合はZI,ZJ,ZJ,ZJ)*1
                      ・欲張って速度を出さず、基本的に目標インジケータに少し先行する程度に抑える

                      これらのことに気を付けています。


                      まだ初めて数日ですが、「自分がどの程度の速度でならほぼノーミスで打てるのか」というペース感覚、常に緊張が保たれるのでミスしやすいパターンに敏感になり、難パターン警戒力が鍛えられている実感があります。
                      また、思っていた以上にノーミス安定が難しいことがよく分かりました。
                      例えばE基本ではミス1%でならZGもかなりの頻度で出せるので、ZJぐらいまで下げればノーミスもかなりの割合で出ると思っていましたが、そこまで下げても全くノーミス安定はしませんでした。

                      実際のところ、ミス1%以内で抑える(これでも一般的には「正確性重視のタイピング」と言われる水準です)こととノーミスで抑えることの間には、相当大きな隔たりがあるようです。
                      逆に言えば、この隔たりを越えてノーミス安定力を上げることができれば、大きな強みになると思います。
                      かなり精神的負荷が高い練習ですが、少なくとも毎パソ終了までは継続していくつもりです。

                      正確性重視のスタイルを目指す方はこういった練習方法も検討してみてはいかがでしょうか。
                      また、この練習はまだ始めたばかりで手探り状態なので、「私はこうしている」とか「ここはこうした方がいいんじゃないか」といった指摘があれば是非教えてください。

                      *1 Typeracerでの全レース平均速度が現在140wpm(700kpm)≒ZJ程度なので、シフト入力の少ない(打ちやすい)TWとはいえ拡張モードでZJノーミス安定に持っていければ現時点では大きな武器になるだろう、という考えからです。こういう細かい目標にそれぞれ意味を持たせていくことは、モチベーションの継続に有用だと思います。

                      2011年5月19日木曜日

                      TW国語R 記録詳細(動画)

                      タイプウェル国語Rの記録が全て満足の行くものになったので、
                      基本常用の最高記録画像と、国語R全体の記録詳細動画をアップロードします。
                      何かの参考になれば幸いです。










                      タイプウェル国語R 記録詳細動画

                      http://wobbuffet.s3.xrea.com/twjr.html

                      内容:総合成績、ミス1%以内総合成績、ノーミス総合成績、各モードのTOP15画面(トップラップ、トップ・ワーストスピード、ファーストスピード)、各モードの最高記録画面(リプレイ)

                      * 基本常用のトップスピード1位は確かPCが不安定になっていた時に出てしまったバグ記録だったと思います。

                      2011年5月16日月曜日

                      JISかな入力と、和文B初見記録について

                      某タイピングスレでの最近の話題についてです。
                      外部の掲示板での書き込みにブログで反応するという変な形になりますが、いきなりコテを付けて長々と言い訳染みた投稿をするのも迷惑だと思うので、ここで済ませます。
                       
                      私の毎パソ和文B初見記録が(QweなのかJISなのか分からない形で)引用され、その記録と私の以前の発言が相まって、JISかな入力が実情以上に低く見られてしまいかねない状況になっています。
                      どちらについても、弁解……というか補足したい部分があるのでここに記します。

                      まず私が「JISかな入力は実用には使えない」と発言したという件についてです。
                      私がこの発言をしたのは事実で、確か数ヶ月前にtwitter上に投稿したものだと思います。
                      ただ、この発言は毎パソなどの「実用入力競技」に言及したものではありません。

                      この発言の趣旨は、JISかな入力の
                      ・打鍵範囲の広さ(に起因する初期動作の難しさ、全体的な不安定性)
                      ・シフト入力などの複雑な打鍵動作
                      ・アルファベット入力、記号入力などの煩雑さ
                      などの要素と自身の使用経験を根拠に、チャット入力や文書作成など日常的な入力雑務に用いる手段としての実用性の低さを指摘することでした。

                      日常的な入力では、常に打鍵動作に意識を割いていられる入力競技・タイピング競技とは違い、
                      「他の作業からすぐに入力に移れる」「あまり集中していなくても安定して打てる」といった「安定したタイピングのための敷居の低さ」が重要になりますが、私はこれらの点においてはJISかな入力はかなり不利だと思っています。
                      例えばマウスに置いていた手をキーボードに移してすぐに打ち始めたい時、打鍵範囲が広くホームポジションを軸に空間をしっかり把握しないと安定して打てないJISかな入力では、かなりの不利があると思います。
                      またシフト動作や打鍵範囲の広さのせいで適当に打つとすぐにミスが出るので、JISかな入力は普段づかいでは非常に扱いづらいです。

                      このように、以前の私は日常的な入力雑務での利用を「実用」と表現しました。
                      今思えばかなり曖昧で誤解を招く表現で、不用意に使ってしまったことを後悔しています。
                       ともかく、この観点からは私はJISかな入力の劣等性を信じていますが、実用入力競技においてのJISかな入力の有利不利については私にとってもほとんど未知数です。
                      上で挙げた様々な「不安定性」や「複雑性」は、単純に考えれば大きなネックになるはずですが、競技においては、入力のみに集中できること・ホームポジションを保ちやすい(*1)ことなどの特殊な要素があり、場合によってはJISかな入力がQwerty入力を凌駕することもあるのでは……と考えています。

                      *1 日常入力に比べればポジションを保ちやすいと言っても、変換を伴わないタイピング競技と比べれば、変換やバックスペース入力の必要により、ポジションを崩される割合は高くなる(そしてそれは恐らく正確性・安定性の低下をもたらし、JISかな入力の不利に繋がる)とは考えられます。しかし日常的な入力と違い集中して打ち続けられる状況にはあるので、正確性を高めることでかなりの部分まで対応することができるはずです。ただJISかな入力で要求水準の正確性を確保するのは相当難しいと思いますし、結局ここら辺は大きなネックになるような……とにかく未知数です。


                      また、毎パソ和文Bの初見記録(分間208字)は、今年の毎パソ6月Web大会の課題文をQwerty入力で打ったものです。
                      あれは「ちょっと和文やってみるか」という程度の記録であって、その記録をもとに私の(純粋なタイピングの)実力を判断されるのは不本意ですし、こんな低次元な記録との比較のもとにPocariさんの(和文実用入力の)実力を判断するのは、それこそ本人にとって不本意ではないかと思います。
                      和文実用入力競技(特に初見)は高度な変換能力を要するもので、門外漢のタイパーが付け焼刃で挑戦した程度でまともな記録を出せるものではありません。
                      適当に打ったあとポチポチと変換キーを押しながら変換候補を探したり、文をどの程度で区切って変換キーするべきか分からなかったり、私の記録はそういう次元のものであって、Pocariさんの記録と比較できるようなものではありません。

                      もちろん、Pocariさんの(和文実用入力から離れた)タイピング能力を過小評価しているわけではありません。
                      例えば朗読打ち込みの分速360文字という記録は、変換や修正を考えると明らかに(どんなに低く見積もっても)分速600打鍵を超えるもので、実用入力において当たり前のようにこの速度を叩き出せるということは、純粋なタイピングにおいても相当の実力(速度・正確性・安定性)を誇っていることがよく分かります。
                      ただし、それでも特筆すべきは圧倒的な変換能力なのであって、Pocariさんの記録をもとに(記録から分かる最低限のもの以上に)打鍵性能を評価しようとすれば、むしろその記録の真価を見失ってしまうと思うのです。

                      2011年4月9日土曜日

                      2011.04.08(Fri)

                      [美佳タイプ+美佳テキスト]

                      これからはタイプウェルと並んでTyperacerを主にやっていくつもりなので、ペース感覚を掴む一助になればと思い、できるだけKPMではなくWPMで打鍵速度を把握するよう心がけている。
                      すると、今までの美佳テキストの記録が物凄く甘えたものに思えてきた。
                      Typeracerでの中間目標がアベレージ145WPMなのに、たった6テキストだけを打ち込めばいい美佳テキストの平均が700KPM(=140WPM)を切っている。

                      これはいかんと思い、とりあえず若草物語を4WPMほど更新して136.6WPM(683.0KPM)とした。
                      それでも未だに平均140WPMを切っているので、気が向いた時に打っていこうと思う。

                      また、折角なのでちゃんとしたランキング順位を出そうと、テキスト以外の美佳タイプも全て打った。
                      不正記録を除けば、美佳タイプ総合・美佳テキスト・総合+美佳テキストで首位となることができ、とりあえずは満足。
                      英単語・ランダム入力辺りはその内記録を詰めるかもしれない。

                      [TypeRacer]

                      タイプウェルFTに入力したTypeRacerの問題文で練習を始めた効果か、英文実用入力の感覚が掴めてきたおかげか、今日はかなり調子が良かった。
                      100racesして、大体平均150WPM近く出ていたように思う。
                      これを継続していければ目標の145WPMは達成できそうだが、きっとそう簡単にはいかないんだろう……。

                      Avg. speed (all time) : 138.180WPM 76位 (↑12)
                      Races completed : 700
                      Races won : 599 (85.57%)

                      2011年4月5日火曜日

                      2011.04.05(Tue)

                      [記録の推移など]

                      抱負を設定した正月から、4ヶ月の間にかなり記録が伸びた。

                      国語R 1160319(ZG) 2位 -> 1163519(ZG) 1位
                      基本常用語 22.846(ZG) 2位 -> 22.259(ZG) 1位
                      カタカナ語 24.919(ZH) 4位 -> 23.489(ZG) 1位
                      漢字 24.344(ZH) 1位 -> 23.827(ZG) 1位
                      慣用句・ことわざ 24.726(ZH) 4位 -> 24.647(ZH) 2位

                      国語K 1175463(ZF) 2位 -> 1181260(ZE) 1位
                      基本常用語 18.688(ZE) 2位 -> 17.893(ZD) 1位
                      カタカナ語 24.409(ZH) 3位 -> 21.649(ZF) 1位
                      漢字 21.019(ZF) 2位 -> 20.268(ZF) 1位
                      慣用句・ことわざ 21.733(ZF) 1位 -> 21.037(ZF) 1位

                      英単語 1171069(ZF) 2位 -> 1173367(ZF) 1位
                      基本英単語 25.037(ZF) 2位 -> 24.438(ZF) 1位
                      拡張A-F 26.768(ZG) 2位 -> 26.532(ZG) 2位
                      拡張G-P  25.463(ZF) 1位
                      拡張Q-Z 26.626(ZG) 2位 -> 25.764(ZF) 1位

                      オリジナル 1190118(ZD) 5位 -> 1204794(ZC) 4位
                      小文字のみ 21.244(ZE) 3位 -> 20.726(ZD) 3位
                      大小文字混在 26.030(ZE) 5位 -> 23.332(ZB) 2位
                      すべてのキー 36.890(ZE) 19位 -> 33.538(ZB) 9位
                      数字 17.533(ZC) 11位 -> 17.281(ZC) 12位


                      [目標の達成状況]

                      タイプウェル(RKEで3冠+OでZC 4位以上)に関しては、現時点で全て達成できている。
                      ただし順位をキープすることも含めて目標なので、ここで満足せず記録更新を目指し続ける。
                      特に今は物凄い勢いできるさんがRKEで迫ってきているので油断できない。
                      Oですべキー・数字の苦手を克服して、しっかりプレッシャーをかけていきたい。

                      タイプウェルに関する次の目標は、
                      ・国語R 総合ZG折り返し(1165000点)+常用ZF 慣こZG
                      ・国語K 漢字ZE+慣こZE
                      ・英単語 総合ZF折り返し(1175000点)+拡張A-Fでのモード別首位奪取
                      ・オリジナル 総合ZA
                      とする。

                      毎パソ2月Web大会の優勝は達成できなかった。
                      伸び悩んでいる英語入力にこれから重点を置き、次の大会は万全の状態で臨みたい。
                      英語入力の練習は(指の調子にかなり左右されるため)辛いこともあるが、甘えは捨てなくては……。

                      TypeRacerについてはまだまだ。
                      Avg.speed(all time) 145WPMはかなり遠いが、まだ8ヶ月あるので地道に伸ばしていく。


                      [TypeRacer]

                      Avg. speed (all time) : 136.511WPM 88位 (↓7)
                      Races completed : 600
                      Races won : 503 (83.83%)


                      [目標の達成状況]

                      動画撮影+公開テストのつもりで、TW憲法動画をyoutubeにアップロードしてみました。
                      プレイ画面と手元で二つあります。
                      追記) レイアウトの関係で最悪なことになってしまいました。汚いキーボード部分だけが映っている……。動画のタイトル部分をクリックしてyoutubeのページに移動すればまともに見られると思います。




                      様々な単位について(1)

                      タイピングの打鍵速度を表す単位には様々なものがあり、中には定義や用法が混乱しているものもあります。
                      そこで今回は、一分あたりの入力数を表そうとするいくつかの単位について、少しまとめてみようと思います。

                      キーワードリスト(How To Become A Typer)に十分解説されていますが、追記したいこともあるので焼き直しも含めて書いていきます。


                      [日本のタイピングゲーム]

                      WPM - e-typing
                      この訳の分からない単位(の使い方)が多くのタイパー達を混乱させてきた。
                      words per minute(1分あたりの入力単語数)を表す単位かと思いきや、e-typingではWPMが1分あたりの入力キー数を表している
                      普通WPMと言えば1分あたりの入力単語数(ただし注意点はある、後述)を表す単位のはず。
                      How To Become A Typerでも指摘されているように、この意味でWPMを使うべきではないと思う。

                      SPM - タイプウェル憲法
                      strokes per minuteの意で、1分あたりの入力キー数を表している。
                      これは現在タイピング界で一般的に使われているKPM (keystrokes per minute)や、上述のWPM (e-typing用法)と同じもの。
                      タイプウェル憲法内では、strokes/mなどと書かれたりもしている。

                      また、タイプウェルR,E,Oなどでは1分あたりの入力数は単位無しで"Speed"として表示される。
                      Kについては面倒な問題があるので後述。
                      その他は調べていない。


                      [KPM - ローマ字入力]

                      KPM (keystrokes per minute)
                      一分あたりの入力キー数という意味では、日本のタイピング界では概ねこの単位が使われているようだ。
                      入力文字数ではなく、単純に「1分間にどれだけのキーを入力できるか」を表す単位。
                      日本語ローマ字入力においては何の問題(定義ブレや単語の本来の意味との乖離)も無く使える言葉だと思うので、これを積極的に使っていきたい。


                      [KPM (SPM)の定義揺れ問題]


                      ローマ字入力の場合、KPMという単位を使うことに問題は無い。
                      しかしカナ入力や英語入力などについて考えると、非常に厄介な問題が出てくる。

                      ・例えば英文(シフト入力)の場合
                      1分間で"This"という単語を入力した場合、4文字だから4kpmとなるのか、それともシフト入力を含めて(当然シフトもキー入力なのだから)5kpmとなるのか?
                      現在の主流はシフトキー入力は1keyに数えない用法で、上の例では4kpmとなる。
                      ただしやはり厳密な用法とは思われないので、CPM(後述)という単位が用意されている。
                      (ちなみに、スペインではシフトキーやアクセント記号入力も1keyと数え、厳密なkpmで入力速度を競っているらしい。
                      日本や英語圏でこの方法が広まるとは思えないが、一部での導入を考えてみる価値はあると思う。)


                      ・カナ入力の場合
                      「げんざいおよびしょうらいのこくみんにあたえられる。」
                      これは何keys(TW憲法においてはstrokes)として扱われるのか?
                      TW憲法の場合は「げ」「ざ」「び」は2keys、「しょ」は2keys、「。」は1keyとなるが、これはKPM(SPM)の定義に対して厳密なものではない。
                      「しょ」を入力するには[し]-[Shift]-[よ]の3keys、「。」にも[Shift]-[。]の2keysを要するからである。

                      個人的にはTW憲法の基準はカナ入力の打鍵速度を評価するには適したものだと思うが、SPMという単位を用いるのは適切なのだろうか……。
                      とは言っても、タイパーの側からちゃんと今使われている単位の意味を知ろうとすれば、それで問題無いとは思う。

                      また、その他の日本語入力形式でも1keyと1文字(もしくは1アルファベット)が対応しない場合は多い。
                      こういう場合にどう競うかという点も今回のテーマに密接に絡んでいる気がするが、配列には疎いので置いておく。


                      [WPM]

                      WPM (words per minute) - 一般的な用法
                      e-typingの場合とは違って、WPMは「1分あたりの入力単語数」を表している……と思われているが、実は違う
                      厳密に「1分あたりの入力単語数」をカウントすると、単語の長さに違いがあるため、正確なタイピング速度が把握できない。

                      (例) I like cats. と I dislike cockroaches. は同じ3wordsだが、keysに直すと12keysと22keysで倍近い違いがある。

                      よって一般的には、実際の単語数とは関係無く、スペース・カンマ・ピリオドなども含めた5文字を1wordとしてWPMを算出している
                      英文タイピング以外ではほとんど関係の無い話だが、これを誤解していると結構色んな問題が生まれるので、気を付けるべきだと思う。

                      ちなみに(例)の場合、I like cats.は2word、I dislike cockroaches.は4wordと換算される
                      余り2keysをどう処理しているのかについては調べがつかなかった。
                      切り捨てずに0.4wordsとして処理してくれていると個人的には嬉しいが、実際のところはどうだろう。
                      そこまでいくとソフトやサイトごとに好き勝手やってるのではという気はするが。

                      (参照)
                       wikipedia - Words per minute (TypeRacerからリンクされていたので、実際にWPMの定義としてタイパーに参照されていると思って問題無い……はず)
                       Das Keyboard Blog - Typing Speed Explained


                      [CPM]


                      CPM (characters per minute)
                      英語圏のタイピング界で、日本におけるKPMのように使われている単位がこれ。
                      これは見たまんま「1分あたりの入力文字数」で、とても明快なありがたい単位。
                      「文字数」ということなので、アポストロフィや大文字なども1character(以下c)として扱われる。
                      CPMが英語以外の言語に適用された場合は、もちろん厳密に1文字=1cとなるだろう。
                      日本語なら「げ」は1c、「しょ」は2c、「。」は1c、「轟」でも1c。

                      英文入力においては非常に分かりやすいこの単位だが、大文字(2keys)を1cとして扱う、他言語において数keys要する文字も1cとしてしまうことなどから、やはり議論は起きている。
                      例えばTypeRacerのフォーラムでは、ドイツ語を母語とする人が「ウムラウト(文字の上に点がついてるアレ。入力に2keysを要する)も1cとして扱われるのは不公平だ」と主張している。
                      ここでは「そうは言ってもしゃーない」という感じで議論が収束していて、個人的にもそう思う。
                      しかしこういう単位や言語や入力方式の違いについてもっと敏感になれば、別の国に所属するタイパー達の相対的な打鍵力を比較するのに役立つのでは? とも思う。


                      [まとめ]

                      ・KPMが何を表しているか常に気を付けよう
                      ・WPMにおける"word"は"5 characters"のこと
                      ・色んな単位に敏感になればタイピングをもっと楽しめる気がする


                      長くなりましたが以上です。
                      単位に関する話は非常に面白いですね。面白いですよね?
                      ということで、その内続きを書く予定です。