2011年12月16日金曜日

C81タイピング本の詳細

前回の記事で紹介した、12/31のコミックマーケット81で発行されるタイピング本の詳細が先日公開されました。

タイピング Professionals

tomoemon さん主催のタイピング合同誌で、私も記事を2つ寄稿させていただいています。
非常に内容の濃い本に仕上がっていて、タイピングに興味がある方であれば絶対に楽しめることと思います。

この本の頒布場所や価格などについてはリンク先を参照していただくとして、今回は私が書いた記事の概要を、ネタバレにならない範囲で紹介します。


1. 英語タイピング

タイプウェル英単語、Typeracer、Typing Zone などに手を出した経験から、英語タイピングについて簡単にまとめました。

・国内外のおすすめ英語タイピングサイト
・英語タイピングの魅力
・英語タイピング攻略

といった内容になっています。

特に需要があるのは「英語タイピング攻略」かなと思いますが、これは

・(日本語ローマ字入力と比較しての)英語タイピングの特徴
・英語力との関連は?
・英語タイピングの急所(同キー連打、短い単語、修正、ひっくり返りミス、接辞……)

といった感じで、英語タイピングの上達に重要だと思う事柄について、色々と解説しています。


2. タイピング練習論

良いタイピング練習のあり方について、自分なりの考え方を長々と書きました。
「タイピングの能力が上達する」とはどういうことなのかという根本の部分から始めて、タイピングの能力を三つに分割し、各ソフトとそれぞれの能力の関係を考え、それに基づいて必要な対策・練習をいくつか提案しました。

まとまった文章を書くということに慣れておらず、色々とおざなりになってしまった部分もあります(特に後半……)が、練習計画を考える上では、それなりに参考になるものにはなったのではないか、と思っています。

これだけでは内容が想像しづらいと思うので、目次の一部を以下に載せておきます。
  1. イントロダクション
      1. 1.4 「速さ」とは何か
    1. タイピングの三要素
      1. 2.1 タイピングを分解する
      2. 2.2 タイピングの三要素
      3. 2.3 認識
      4. 2.4 組立
      5. 2.5 動作
      6. 2.7 処理の順番?
    2. 三要素の相互関係
      1. 3.1 三要素の相互関係
      2. 3.3 並行
      3. 3.4 休止
      4. 3.5 減速
    3. 三要素の考えを各ソフトに適用
      1. 4.2 e-typing 腕試しレベルチェック
      2. 4.3 Weather Typing
      3. 4.4 タイプウェル憲法
    4. 三要素の考えをタイプウェルに適用
      1. 5.2 タイプウェル固有の要素
        1. 5.3 打ち始めの数文字
        2. 5.4 1ラップ目
        3. 5.5 2~7ラップ目と8ラップ目前半
        4. 5.6 打ち終わり
        5. 5.7 意識的/無意識的なペース調整
        6. 5.8 モードごとの違い
        7. どのような練習をするか
          1. 6.1 ボトルネックを見極める
          2. 6.2 認識能力を高める
          3. 6.3 組立能力を高める
            1. 6.4 動作能力を高める
              1. 6.5 無意識的な速度制限を外す
                1. 6.6 意識的なペース調整
              2. どのように練習をするか
                1. 7.2 コンディションを整える
                  1. 7.3 疲労
                    1. 7.4  ビジョン・成長目標・短期的課題
                      1. 7.5 モチベーション
                      2. おわりに
                      何がなんだか分からないかもしれませんが、とにかくこういうことを書きました(適当)。

                      0 件のコメント:

                      コメントを投稿