2012年5月26日土曜日

指の治療

今年の2,3月頃から徐々に指に違和感を覚え始め、最近は明らかに異常な状態になっていました。

最近の状態
・左小指・薬指 少しの打鍵で第一関節が痛む 特に横への移動が辛い 根元の部分にも強い違和感
・左中指~親指 違和感程度
・左手の甲 中指・人差し指を持ち上げる動作を繰り返すと痛む

・右小指・薬指・人差し指 違和感程度
・右中指 持ち上げる動作がしにくい、繰り返すと痛む
・右親指 少し使うだけで根元の部分に強い違和感

もちろん根本的な原因はタイピングのはずですが、今年はタイピング練習自体に割く時間は減っているため、前年末から音ゲーを始めた(今月初めに休止)ことや、1月末からPC事務の仕事を始めたことも大きく影響していそうです。

ともかく練習に多大な影響が出ているので、今日(やっと)整形外科で診察してもらいました。
神経や骨、首(首から指に以上が出ることもあるそうです)の異常は考えにくいことから、手の酷使による筋肉や腱の異常だろうとのことでした。
また、通常は「手首だけ」「親指だけ」といったような症状が出るのに対し、私の場合は手全体に症状が出ているため、デスクワークというよりはやはりタイピングや音ゲーが主要な原因のようです。

患部が手全体に渡っているため、注射による治療はせず、当面は飲み薬と貼り薬(湿布)で様子を見ることになりました。
タイピングについては、酷い痛みが出ない限り、騙し騙しやることにさほど問題は無いとのことです。
幸い今は毎パソシーズンなので、文章慣れのための軽い打ち込みだけで済ませれば、十分やりくりできそうな気がしてきました。

スポーツ障害の治療も積極的にやっている整形外科ということで、睡眠や食事の改善、練習前後のストレッチ等から症状の改善・負担の軽減を図れないかも聞きたかったのですが、コミュ障かつ緊張していたので聞きそびれました。
症状が改善しない場合、タイピングにとって重要な部位(特に左小指と薬指とか)だけ注射で治療してもらうといったことが可能か、ということも気になっていたのですが、それも聞きそびれました。
次回からは、症状がどのように出ているか、何を聞きたいのか、といったことを事前に紙にまとめて持っていくようにします。