2011年7月16日土曜日

打鍵速度と実質入力速度の対応表

(11.07.17 03:27) ファイルを最新のものに変更。
色々変わっていますが、今かなり眠いので説明はまた後で書きます。

例えば毎パソ英文のように誤入力をBackspaceで修正する必要がある競技では、TWなどで表示されるような打鍵速度と同じ速度で打っても、ミス修正に伴うロスで実際の入力速度は低下します。
そのような場合において、打鍵速度と実質入力速度がどのように対応するかを表にするExcelファイルを作りました。
大したもんではないですがもしよかったら使ってください。
.xlsxファイルと.xlsファイルの2つが入っていますが、.xlsの方は動作確認してません。


ローマ字による日本語入力など、複数打鍵で1文字になるような場合は本来色々複雑になるはずですが、考慮していません。
どのくらいの打鍵速度でどのくらいの正確性でどのくらいのミス修正力なら、実質速度は大体どんくらいになるのかな~、くらいの軽い気持ちで使ってください。

そもそも打鍵速度とその他の要素(Backspacd速度、速度低下などなど…)が実質入力速度にどう影響を及ぼすか分かっていないので、計算式も大雑把なものになっています。
こういう要素を取り入れればいいんじゃないかとか、こういう計算にしたらいいんじゃないかとか、そういった議論・解説・意見は大歓迎です。
ただしテルさんは数字に弱いのであんまり難しい話になるとついていけません。

また、何か根本的な間違いがあれば(ありそうです)ご指摘ください。

2011年7月6日水曜日

TW国語R 練習実績

前記事のコメントを受けて、[F12]で表示される[Reference]の画面と、国語Rの練習実績をアップロードします。














一応の注記です。
タイプウェル国語Rの[Reference]は、タイプウェルの記録をe-typingに換算(初打を0.400秒、それ以外の打鍵を全て記録通りの速度として計算)したものです。
と言ってもタイプウェルとe-typingはやはり別物なので、個人的には、この換算数値からe-typingの実力が分かるとは思いませんし、これはあまり意味のある情報ではないように思います。

15:00~ タイピング配信

今日の15:00から、ustreamにてタイピング配信をしようと思います。

タイプウェル国語Rを更新狙いで練習するつもりですが、何かしてほしいことがあれば別のことでもやります。
いきなりなのでそもそもこの記事に気付く人がいるか分かりませんが、どうぞ気軽に見に来てください。



Streaming Video by Ustream